お子さまの予防接種について

予防接種

お母さんが赤ちゃんにプレゼントした病気に対する抵抗力(免疫)は、生後数か月から12か月までにほとんど自然に失われていきます。そのため、この時期を過ぎると赤ちゃん自身で免疫を作って病気を予防する必要があります。その助けとなるのが予防接種です。
定期の予防接種は予防接種法により接種回数や対象年齢が定められています。対象月齢がきたら予防接種を接種しましょう。
BCGは保健センターで実施しています。その他の予防接種は年間をとおして指定医療機関で実施しています。

 

母子健康手帳・子ども医療証および保険証 ※予診票は各医療機関に備えています。
費用 無料

 

定期予防接種の種類や対象年齢について

B型肝炎(平成28年10月1日から開始)

【対象者】平成28年4月1日以降に生まれた生後2か月~1歳未満の泉大津市民

ヒブ

【対象者】生後2か月~60か月(5歳)未満の泉大津市民

小児用肺炎球菌

【対象者】生後2か月~60か月(5歳)未満の泉大津市民

四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・不活化ポリオ)
【対象者】生後3か月~90か月(7歳半)未満の泉大津市民

BCG
【対象者】生後3か月~1歳未満の泉大津市民
望ましい接種期間は生後5か月~8か月未満です。

麻しん風しん混合(MR)
【対象者】
1期 生後12か月(1歳)~24か月(2歳)未満の泉大津市民
2期 小学校入学前の1年間(年長児4月1日~3月末日まで)

水痘
【対象者】生後12か月(1歳)~36か月(3歳)未満の泉大津市民

日本脳炎
【対象者および接種方法】
◆1期 
生後36か月(3歳)~90か月(7歳半)未満の泉大津市民
3回(初回2回、追加1回)の接種
初回接種として6~28日の間隔をおいて2回、追加接種として初回2回接種終了後おおむね1年後(6か月以上で接種可)に接種
◆2期
9歳~13歳の誕生日の前日までに1回接種
◆特例対象者 平成17年4月2日~平成19年4月1日生まれで20歳未満の泉大津市民
全4回接種のうち、不足している回数を定期接種として接種できます。
※20歳の誕生日の前日までしか定期接種として接種できません。
◆特例対象者 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの泉大津市民
 <7歳6か月未満> 本来の定期接種の期間のため、1期の接種
 <7歳6か月以上> 1期の不足している回数を2期の定期接種の期間(9歳以上13歳未満)になれば定期接種 として接種できます。平成28年度(平成28年4月~平成29年3月末)に該当する方は、平成19年4月2日~平成20年4月1日生まれの方です。

二種混合(ジフテリア・百日咳)

【対象者】 11~13歳の誕生日の前日までの泉大津市民
四種混合の2期としての接種です

子宮頸がん予防
【対象者】
小学6年生~高校1年生相当の女子 
※平成25年6月14日から積極的な勧奨を一時中止しています。

不活化ポリオ
【対象者】生後3か月~90か月(7歳半)未満の泉大津市民 
※四種混合を接種している人は接種不要です。

指定医療機関以外で定期予防接種を希望される方へ
 
長期にわたる疾病等のため、定期の予防接種を受けることができず、対象年齢をすぎてしまった方の接種機会の確保について
 

問合せ

子育て応援課 電話番号0725-33-1131

  • 文字サイズ変更
  • 標準
  • 拡大
  • 背景色変更
  • 白
  • 青
  • 黒
公園で遊ぼう!!
赤ちゃんの駅

イベントカレンダー

  • 今週のイベント
  • 今月のイベント
予防接種スケジュール

子育てアプリ

  • Android端末はこちら Goole Play
  • iphone端末はこちら App Store
泉大津市ホームページへ

泉大津市
健康福祉部 子育て応援課
電話番号:0725-33-1131
FAX:0725-21-0412

ページトップに戻る